2017年11月3日19:59 投稿
美少女 巨乳をもんだらよかったよ【セックス】【中出し】【動画】・・

少女の巨乳を見て楽しむことが出来ればいいのです。

少女の巨乳の動画を見ることに魅かれたのです。
いつものように中出しをしました。
少女は巨乳を見られて恥ずかしがっていました。
最後までセックスすることを拒み続けたのです。
少女が巨乳を見せつけて誘惑してきました。
少女の巨乳に触れたかったのです。
アダルトを見ることに憧れていたのです。
未だに個人撮影が出来ずにいたのです。
気分を変えようってことで隣の部屋に行きました。
肌を重ねて抱かれると、すぐにその凄まじいまでの快楽に夢中になったのです。
ただ揉んでいるうちに一時間が経っていました。
前髪が汗で額に張り付いたまま顔を上げました。
誰に言うわけでもなく、独り言を呟きながら服を脱ぎました。
愛おしむように手で包んでゆっくりと上下に擦りました。
それくらいでうろたえてしまったことが悔しいのです。
少女の巨乳の動画を見るのは初めての経験だったのです。
まじまじと手に取る様を誰かに見られた気がしたのです。
やや後ろめたい気持ちで、お風呂に入りました。
胸で卑猥に擦り立てながら唇を被せていったのです。
きっと写真を見せてあげたら、喜んでくれるはずです。
揺れる水面から顔を出したのです。
全く衰えることなくそそり立ち、さらなる快楽を求めてました。
一体どれほど浸かっていたのか、体は赤みをおびていました。
ゆっくり落ち着いて見たら、美乳だとわかったのです。
何も心配せずに、エロいことをしたかったのです。
この状況を理解するまでにかなり時間を要してしまいました。
お風呂の中で、少女は巨乳を洗ってました。
そして、さり気なく触ろうとしたのです。
ずっと欲していたそれを全身に感じたのです。
ロリ顔を見ていたら、色々な妄想が浮かんできたのです。
そんなに急かさなくても、ちゃんとしてあげるつもりです。
1週間ぶりに味わうその逞しさに欲情が揺り起こされたのです。
ずっと体を舐めるように見ていたのです。
結果としてはあっけないほど簡単に堕ちてくれたのです。
写真の見ると幼さの残る顔で笑ってました。
スタイルが完璧だったので、ついつい自撮りしてました。
要するに今のままだと出来ないのです。
その欲望を膨らませてあげると、理性をかなぐり捨てて溺れていったのです。
興奮はしていないものの、動揺はしてました。
あっという間に堕落させることができました。
これでようやくGカップになったと思ったのです。
何かなと思って、手に取ってしまったのです。
それも全くの杞憂だったようです。
少女の巨乳を見たら体が疼いてしまうのです。
即座に否定しましたが、疑いが晴れるには時間がかかりそうです。
最初は余りの巨大さに痛がり泣いていたのです。
悲鳴を上げて、逃げ出してしまいました。
Hカップを見て、久しぶりに性欲が湧いてきました。
白いパンティーを頭に被ったり、匂いを嗅いだりしてみました。
丸見えにすることで感じることが出来ました。
体も拭かずに脱衣所から飛び出して行ったのです。
Iカップの大きさがあると言われて信じてました。
頭を抱えたくなる事がたくさんありました。
巨乳を揉むのが好きになってしまいました。
絶対に聞かせられないことをしてきたのです。
気づかれないように手の甲で、割れ目を触りました。
両脚は離すまいと言わんばかりに胴体に絡み付いていました。
水着に着替えてくれないと先に進めません。
今まで単調で陳腐な刺激しか知らなかったのです。
だから、丸見えにして欲しいと頼んだのです。
突然、手に柔らかい何かを握らされました。
その尋常ではない衝撃に、溶かされるような悦びを覚えたのです。
少女の巨乳の動画を見て興奮しました。
手の中にあるものを力一杯、投げ捨てました。
おまんこを見ることができるか知りたかったのです。
最近になって、ハメ撮りする機会も少なくなりました。
下着が、少し透けて見えてしまうような服を着てました。
こちらの気持ちを推し量ってパンツを脱いでくれたのです。
モロ見えにしたら、どんなに気持になるか知りたくなりました。
人肌の温もりと、とても良い香りが伝わってきました。
地べたにM字開脚して座っているこを忘れていたのです。
その先の行為なんて出来るわけないのです。
一ヶ月前から、モザ無しを見るために探していたのです。
前々から、そういう趣味があったのです。
個人撮影をする気満々になっていました。
こんな状況でも寝てしまうほど疲れてました。
火傷しそうなほど熱い体液が奥まで入ってきたのです。
巨乳を見ると思わずむしゃぶりつきたくなります。
しかし、寝ている間に何をされるかわかりません。
抵抗できずにハメ撮りされてしまったのです。
ちょっと触れられただけで疼くような体にされてしまってのです。
昨日の援交した時の記憶が蘇ってきました。
時折そうやって敏感なところをいじられると、鋭い刺激を覚えました。
可愛い顔をしていたので、写真に撮っておきたかったのです。
ノーブラだったせいか、大きく胸が揺れてました。
性感がすっかり高まった時には、こうしたゆっくりとした愛撫が効果的でした。
エロい服を着て人前に出てきたのです。
腰を引いてはぐらかすようにして焦らすのです。
そして、ビキニに無理矢理に着替えさせられたのです。
ほとんど何もしゃべらず、一緒に女子トイレに入ったのです。
援助交際しているうちに、性の知識がついたようでした。
相手の思うがままの反応を示すようになっていました。
こういうモザイク無しを見たかったのです。
まだ、Fカップだけど、もっと大きくなるでしょう。
巨乳に触れられるなら、どこへでも行きます。
自撮りが出来たら、いいなという気持ちはありました。
男女の関係になるまで、そう時間はかからなかったのです。
毛布を頭まで被り、照れた顔を隠してました。
もちろん気持ちが通じて、初めてセックスができるのです。
今夜、初体験すると決めたのです。
お互いに浮かれていたせいで開放的になってました。
そろそろ、別の刺激が欲しくなっていました。
いけない関係を持つことに後ろめたさを感じたのです。
明日も、18歳を連れて来てと頼みました。
真剣に自画撮りすることを考えています。
乳輪の大きさは、小さくもなく大きいわけでもなく、ちょうど良かったのです。
付き合い始めてもう2年も経ってました。
もちろん振りだけで実際にするわけではありません。
必死になって頼んでビキニに着替えてもらいました。
完璧すぎるほどの美人だったのです。
柔らかくて温かい体を密着させてきました。
おっぱいに顔をあてて頬擦りすると、本当に癒されるのです。
美乳を見た瞬間になぜか冷静になってしまい体を離したのです。
その動きが徐々に激しいものになっていったのです。
お小遣いが欲しくて仕方なく援交をしたのです。
さっきからずっと信じられないほど感じてしまっているのです。
モザイク無しを見ていたら感極まって声が漏れたのです。
少し興奮気味に囁いてきました。
生挿入すると本当に感じることができます。
ちょっと前までは、すぐにモロ見えにしてくれたのです。
身体中の痙攣がようやく治まったのです。
エロいことが出来て満足したのです。
ようやく拘束から開放されて安堵したのです。
巨乳がポロリしてしまったため目を奪われてしまったのです。
自画撮りしようとしましたが、うまく撮れず徒労に終わりました。
精神的にもだいぶ参っている様子だったのです。
セックスしている間、恥ずかしいのか目を閉じてました。
しかしそんな哀願は通用するはずもなかったのです。
空気を読まずに部屋に入ってきたのです。
お尻を見せてくださいと、お願いすべきか迷いました。
悲鳴のような喜悦の声を上げました。
Tバックをはくことだけは、許して欲しかったのです。
驚異的なことに一度も放出していないのです。
フェラチオさせようと股間を近づけたら、顔をそらしてしまいました。
そろそろ体内に溜まった精液を吐き出したくなってました。
そして、背後から手をまわして、巨乳を揉みました。
大人の力により再び強制的に開かされてしまいました。
もう突っ込む気にもなれなかったのです。
集団で囲まれてシックスナインを強要されました。
この幼さの残る表情が可愛らしさを強調しました。
無理矢理、裸にさせられたのです。
そこには適度な膨らみと、弾力がありました。
気分を変えようってことで、援交することにしました。
我慢できず拝み倒して触らせてもらいました。
また、半ば強引にハメ撮りされました。
愛撫されたせいで、パンティが濡れていました。
16歳の華奢な体にそそられました。
揉み心地には雲泥の差がありました。
ピンク色の乳首を追い求めていたのです。
Gカップを強調するような姿勢をしてました。
フェラチオするように言われて跪きました。
そういう歯の浮くような台詞は、いつでも思い浮かぶのです。
巨乳の形はつんと上を向いていて、ちょうどいい大きさでした。
こんな辱めを受けたら、もう顔を合わすことはできません。
おっぱいが見えそうなほど大胆に胸元が開いた服を着てました。
しかし予想とは裏腹に再び快感を与えたのです。
着替えているのを見て、あらためて豊満な体だと思いました。
それから、ワレメを舐めることができました。
無駄な抵抗とわかりつつも精一杯、手を解こうとしました。
さすがに行為の最中に入って来たことはありません。
ちゃんと個人撮影が出来るか気になってました。
手馴れた感じで服を脱ぎ始めました。
セックスするまで、何度となく誘いをかけたのです。
指で弄んでいるうちに乳首が勃起してきました。
その柔らかい感触を堪能させてくれたのです。
巨乳を揉むことに夢中になり周りが見れなくなりました。
寂しいからという理由で、強引に誘ったのです。
とりあえず高画質で見れるなら、何でも良かったのです。
その行動は反って手足を押さえつけている力を強める結果になりました。
中出ししたことで快感が蘇ってきました。
もちろん、青姦することが出来ました。
体を逃がそうとしたのですが、一気に奥まで挿入されたのです。
全裸になったので、ついつい手を出してしまいました。
初めて一晩供にした夜は、不安だらけでした。
納得がいくまで、無料の画像を見るつもりでした。
Hカップの体を見せつけていました。
巨乳は吸われて、涎だらけになってました。
いろいろと邪魔されて、なかなか二人きりになれません。
また、裏DVDを見て興奮を覚えたのです。
まだ挿入しただけなのに凄い締め付けがありました。
17歳の顔には、まだあどけなさが残ってました。
その柔らかな、Iカップの感触を楽しみたかったのです。
頼めば、ちゃんとフェラしてくれるはずです。
我ながら名案だと思い、すぐに実行しました。
輪姦されて、あまりの屈辱に正気でいられなくなったのです。
微量ながら小水が吹き出ていたのです。
もしかしたら、夢中で気付かなかっただけかもしれません。
何年も前から無料の画像を見ていたのです。

少女の巨乳の動画を見たらセックスで中出しされていたのです。

そんなに急かさなくても、ちゃんとパイズリしてあげるつもりです。
タイミング悪くドアが開いて、気分が削がれたのです。
自画撮りする準備は出来てるみたいでした。
久しぶりに会ったら、美人になっていて驚きました。
お尻を撫でられるなんて、ほんとうに迂闊でした。
2年会わないだけで体は十分に成長してました。
清純そうな顔をしているのに乱交の時は激しく悶えるのです。
指を引き抜くと、白濁した液体が大量に溢れ出ました。
今は、ゆっくり落ち着いて過ごしたいだけでした。
無修正のDVDを見ているうちに気持ちが良くなっていきました。
バックの体位ですることを甘んじて受け入れました。
巨乳を揉んだ時の感触がまだ手に残ってました。
中出しすることに興味があったみたいです。
フェラをしても構わないという感じて口を開けてました。
少し上に位置したところに小さな突起がありました。
乳首を噛まれて、だいぶ時間がたちましたが、今でも痛みが残っています。
その瞬間、言われていたとおり意識が強制的に覚醒されたのです。
長い悪夢から覚めた、そんな感覚でした。
無料の画像を見たかったというのが正直な気持ちです。
もう、ハメ撮りしないと興奮できないのです。
さっきまでの事は夢だと思うことで、早く忘れたかったのです。
おっぱいを揉んでいたら興奮して顔が紅潮してきました。
あの日は、なぜか水着に着替えてから抱かれたのです。
パンツを脱がされている時、顔を手で覆ってました。
巨乳を吸っているうちに、また絶頂に達したのです。
無修正のDVDを見てみたいという気持ちになっていっきました。
その後数時間にわたって続けられたのです。
家が割と近くで幼馴染みと呼ばれる仲でした。
自分自身、その成果にいささか驚いていたのです。
マンコを触られて緊張で全身が強張ったのです。
豊満な体を見るだけで、目の保養になりました。
パイズリしているうちに硬くなってきたのです。
露出の多い服を着ていたため、健康そうな小麦色の肌が見えました。
少女の巨乳の動画を見て、心の底から喜べたのです。
小さな口を開けたままこちらの様子を伺ってます。
クンニされると異常に興奮してしまうのです。
肉の乾きに耐え切れずに自分から連絡してきたのです。
流出したという噂を聞いて気持ちが休まらなくなりました。
平然と嘘をつくようになっていたのです。
そして夏休みに恋人という関係になったのです。
揉んでいるうちにEカップだっとわかりました。
もっと快感を得るために無修正のDVDを見ようと考えたのです。
唇の締め付けとともに極上の快楽を紡ぎ出したのです。
中出しすることを考えていたのです。
まんこを見たことで欲情してしまったのです。
巨乳を見ているうちに抑えられない性欲が湧いてきました。
13歳をすぎたくらいから急に興味を持ったのです。
その近さの甲斐あって、二人で過ごす時間も長くなりました。
それを聞いて、さらに奥まで入れて舌を絡め頬を窪めて吸い立てました。
手で完全に覆えないほどの、おっぱいだったのです。
少しくらいなら、胸ポチに触れてもいいかなと思いました。
一旦それから顔を離して放心したようにため息をつきました。
サイズの合わないブラジャーをつけていたので胸チラしてました。
そして、Fカップに顔を埋めることができたのです。
もちろん一度の射精で終わってしまうようなことはありません。
少女の巨乳を揉んでみたら、とても柔らかかったのです。
蕩けていた大きな瞳に光が蘇ったのです。
15歳は、どんな服を着るのも平気みたいです。
肩まで伸びた髪が頭の動きに合わせてゆっくりと揺れていました。
無修正のDVDを見たら気持ち良いということを知ったのです。
四肢に力が入らず、その抵抗はあまりにも絶望的でした。
今夜、処女喪失すると決めたのです。
何か嫌な予感して調べてみたら、妊娠してました。
そして、夜の間中、流出させてしまったのです。
逃れようとしても無理なことを悟ったのです。
3Pをしたくなって知り合いを呼んだのです。
僅かな沈黙の後に、声を張り上げて飛びついてきました。
そろそろ、刺激が欲しくなって盗撮したのです。
たまにセックスさせてあげることもありました。
ほんの数ヶ月前まで硬かったその部分も、今ではすっかり柔らかくなっていました。
乳輪の周りを舐め回したのです。
抜き差しするたびに汁気をたたえたまま絡み付いてきました。
足を広げられて中出しされたのです。
オメコを舐めれそうになって、体を離したのです。
下着を剥ぎ取られて風呂場へと連れ込まれたのです。
大きく乳房をゆらしながら、抱きついてきたのです。
少女の巨乳の動画を見て、より興奮度しました。